忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■岩窟王の歌。
(台詞)エドモン・ダンテスだぜーッ!!
♪テッテケテケテケテ~(前奏)テッテレッテ!
たとえ檻の中、檻の中、檻の中、檻の中~(以下ループ)

 ヤスイです。

■というわけでね、ははは、なんですか? ヤスイですが何か? みたいなね、お久しぶりです。ヒマラヤにゴミ拾いに行ってたので更新が滞ってしまいました。すみません。

 皆様のおかげを持ちましてね、単行本作業もついに終わりまして! やっと終わりまして! ホントもう、いつ終わるんだコレ…と思いつつ歯ぎしりしながら本文の修正作業が終わりまして! 出ますよ! 何が? 単行本がさ! 

 生意気にも書店特典とやらを用意させていただきまして。たしか、虎の穴とメロンブックスだと思います。
 虎の穴の購入特典ですが、8ページほどの小冊子を作らせていただきまして、題して「ショッキングピンク没設定資料集」などと申しまして、本編に出てこなかった…これ重要ですよ、本編に出てこなかったキャラクターの設定集です。なにそれ。内容については、まぁ、二日ででっち上げた落描き集みたいなモンとでも思って下さい。オマケですから。いらなかったら捨てちゃって構いませんから。
 で、メロンブックスさんは描き下ろしのペーパーを1枚付けていただくとかなんとか。あれ…まんが王だったかな…? どっちかです。

 いつもだったらね、「悪書です。買ってはいけません」とか言いたいところですが、今回ホント修正作業頑張った…というか、雑誌掲載時の原稿があまりにアレだったので、仕上げに関しては全ページ直しました。230ページくらいかな。途中でノイローゼ気味になりましたが頑張ったんだから! 別にアンタのタメじゃないんだから勘違いしないでよねっ///。あと描き下ろしもちゃんとあります。カラー漫画とか描いたんでね、よろしければお手に取っていただけると幸いというか災いというかなんというか。

 でも…お高いんでしょう? ご安心下さい。前述のショップでお買い上げいただければ購入特典付きで、お値段据え置き、なんと…1200円! 高ぇよ! -完-

 そんなわけで、ヤスイリオスケ3冊目の単行本『ショッキングピンク』が来る4月22日に発売される予定です。お値段1200円です。ジュース10本分です。果たしてそれだけの価値があるのかはなはだ疑問ですが、糖分ゼロ・カロリーゼロなので身体には良いと思います。スタイルを維持したい女性の方におすすめ。とりあえず全裸で写メ撮って送って下さい。皆さんのの善意がボクの養分になるのです。養って!

■で、今はコミック1用の原稿やってます。何描こうか迷ったけど、サークルカット通り恋姫で描いてます。翠と蒲公英です。とりあえず、やっつけ仕事でクォリティ期待できないのでイベント限定の予定です。夏あたりにこれまでのイベント限定本をまとめた本でも出そうかなと思ってるので、それに再録するかもです。てゆーかまぁ、イベントに間に合うかどうかも微妙なんですけど。がんばう。

■さて、日記的に何か書くことあったかしら。別に無いな。てゆーかツイッターでリアルタイムでツラツラつぶやいてるので、まぁ、そっちもチェックしていただけると幸いだったりなかったり。

■あ、尾てい骨が痛いです! でも低反発クッション買ったらだいぶ和らいできました! 文明バンザイ!!
PR
■誰もいないと思ってトイレで用を足しながらGOGO選挙の替え歌で♪ち~んぽ~ちんぽ~明るいちんぽ~って歌いながら水を流して扉を開けたら母親と目が合ったよ。ヤスイです。なんだよ明るいちんぽって。わけわかんねーよ。そこに愛はあるのかよ。

■さて、久方ぶりの日記なわけだけれど、正直、何も書くことが無い。いや、マジで。今月ほとんど外出してないしね。ノイローゼ気味で単行本作業やっとりますがな。なわけだから、何も面白いことなんか書かないからね!

■とりあえずお仕事情報でも。
 
 まずはコチラ。
 抱き枕カバーです。こないだ、『ドリームクラブ』の抱き枕絵描きましたけど、今回はオリジナルです。…キャラクターという付加価値が無いヤスイ絵で売れるかどうか知らんけども、お仕事なんで頑張って書きましたよ! あれ? 何となく庭掘ってたら石油が出てきちゃったよ? …というオイルダラーは100枚くらい買って下さい。

 おつぎはコチラ。
 propellerさんから発売予定の『エヴォリミット』というゲームの初回限定版に同梱されると言う壁紙集に1枚描かせていただきましたよ。中央東口先生の原画を眺めながら描いたのにビックリするくらい似なかったよ! なので、皆さん買ってください。

 あとは単行本ね。一応、来月末発売予定ですが、果たしてどうなることやら。

 あ、単行本といえば、今月末発売の真田鈴先生の単行本『処女単行本』(←タイトル)をとらのあなで買うと貰える真田先生の小冊子の中に何故かヤスイが登場するらしいです。事後承諾です。ちょっとぉ、『デップとブラピとレオ様を足して100で割った上に核融合炉に投げ込んで発生したチェレンコフ光を肉眼で見て発狂した画家が尻の穴に筆突っ込んで描いたとされる自画像をコルトピの念能力でコピーしたような顔(円の効果アリ)』と称されるボクの御尊顔が世間に知れ渡ってしまうじゃないか。こりゃ印税の3割でも回してもらわんとなぁ。というわけでね、実はボクもどんな風に描かれているのか分かりません。なので、皆さん買うと吉。

■あ、仕事でヒィヒィ言ってると見せかけて『シャーロック・ホームズ』観に行っちゃった。軽く感想。

『シャーロック・ホームズ』
 監督は最近ロクな映画撮ってないことで有名なガイ・リッチー。ホームズ役にロバート・ダウニー・jr、ワトスン役にジュード・ロウ。

<あらすじ>
 ホームズとワトソンが事件を解決するよ。

 んー、ガイ・リッチー作品ということで妙に構えすぎたせいもあるけど、なんか、普通のアクション映画だった。ここんとこ鳴かず飛ばずのリッチーさんだから、手堅くなっちゃったのかしら。ミステリー・推理ものとしての面白味はコレといって無く、クライマックスで犯人を前にしてトリックをつらつらと解明してくんだけど、「ああそうですか」といった感想しか浮かばず、何の驚きも無かったのが残念。
 日本だと、ホームズといえばジェレミー・ブレッド(露口茂)か犬顔の印象が強いけど、実はボクシングが得意な武闘派で、それでいてバイオリンが達者で、アヘンだかモルヒネだかのヤク中で、ヘビースモーカーで、日本発祥の謎武術『バリツ』の達人…という奇人なんですよね。
 ロバート・ダウニーjrのホームズは、この奇人っぷりを強調したようなキャラクターで観てて面白かった。ジュード・ロウ扮するをワトスン医師も、今までにないスラッとしたイメージのイケメンで新鮮だった。
 ロバートダウニーがどこぞのスピーチかなんかで「ホームズとワトスンはゲイ」みたいなことを口を滑らしちゃったせいで、コナン・ドイル作品の権利管理者から大目玉食らったとか聞いたけど、言われてみれば…何となくBLっぽい関係だなーとか思ったり。ワトスンが婚約を期にベーカー街221Bを出ていっちゃうことに拗ねてるホームズとか、萌ポイントですよ、これ。怪我をしたワトスン君を変装して見舞いに行ったり。とんだツンデレですよ? ワトスンきっと流され攻めだよ?
 あ、モリアーティ教授もカメオ出演してるよ。本作では描かれてないけど、ライバルの二人が組んず解れつ肉体を絡ませながらライヘンバッハの滝に落ちるところなんか激萌ポイントになること必至。
『シャーロック・ホームズ』☆☆☆


■さて、単行本作業もラストスパートだ。がんばんべー。
■小4の頃のニックネームが『ブラッドバス』。ヤスイでございます。

■ご無沙汰! というわけでね、えー、あれです。なんかさー、ツイッター始めたら日記書くのが億劫になってきたというか何というか。ぶっちゃけ、日記に書くような出来事も無かったような…あったような…。どっちやねんな。

■えーと、先週の日曜、祖母の17回忌の法要がありました。…っても、別に書いて面白いことも無いなぁ。坊主のお話が、なんや、若い人は引っ越したらちゃんと仏壇買って、なかにウチの寺で売る御本尊のレプリカ置いて、ちゃんと墓参りに来て寺にお金落さんといかんのやで(大意)…という、ありがたみなにもあったもんじゃない即物的な説話で、なんていうか、お寺変えた方がいいんじゃない? …って思った。そういやお墓の引越しってどうやるんだろう。
 そのあと、池袋の鬼子母神近くの海鮮割烹で親戚一同とお食事。ヤスイが海老類食えないと知ってて海鮮を選ぶあたり、こいつらは多分、敵なんだと思う。仕事があると言って中座して帰った。
 鬼子母神の参道入口の前を通って、「あ、ここってデュラララ7巻で乱闘してたとこだ!」とか思ってほくそ笑む一匹のキモオタ。あと久遠寺医院もこの近辺にあるはず…へへっ。

■えーと、先週の月曜日。毎度おなじみポプリの飲み会行ってきた。アキバで。面子は大体いつものメンツ。真未の野郎が体調悪いとかぬかして来やがらなかったので、あの野郎はいつかシメてやり…あっ痛っ、ちょ、痛い、すま、すんませんっ、ぼ、ボク言うたんちゃいますて! あと、ばんがいちとかでご活躍の小宮裕太先生とアシオ先生がいらしたよ。
 なんつーかね、女性作家率高すぎ。男女比1:3くらい。もう男なんて死ねばいいのよ。ガールズトークですよガールズトーク。でもね、皆さん、この人ら家帰ったらちんぽとか描いてますからね! 騙されんな!!
 …というわけでね、そんなステキな先生方とアカデミックなトークをしたようなしなかったような。ヤスイといえば、お腹空いてたのでバクバク食って飲んでしてたよ。人数合わせで合コンに呼ばれた無害なデブという役になりきったよ。今なら紅天女の主役だって演じきって見せるわ。
 帰り際にアシオ先生から上梓されたばかりの単行本をいただいちゃったよ。あざーす! 皆はちゃんと買うのよ?

■なんかね、ちんぼの根元あたりにニキビのようなデキモノができちゃいまして、ホラ、こういうのって触っちゃいけないって言われるけどついつい触っちゃうじゃないですか、というわけで、無意識にちんぼの根元をさすさすと摩ってるオッサンや! なんや! 言いたいことあるなら言えや! おおう! 学生時代の青木か。

■あとは…なーんかあったかなー。単行本作業がすっごい遅滞してるってことくらいしか…。これでもおっさん頑張ってんねんで! 泣いてる子もいるんですよ!!

■あ、ユニコーン観たよ、ガンダムUC。ブルーレイは予約してるんで、金払って今観る必要も泣いかなーと思ってたんだけど、なんや、観た人の感想がどれも高評価だったので、1000円払ってしまったよ。
 うん、こりゃスゲェや。たまらなく面白いわ。さしものオイラもシャッポを脱ぐぜ。
 ところで、視聴期間が3日間と定められてたんだけど、期限が切れる前にもう1回…と再生してたら、鑑賞中に期限時間が訪れて再生ストップされちゃったよ。お役所仕事か!
■愛しさと切なさとここのグロさと。どこ? ヤスイです。

■土曜日、朝、小雪舞う中、新宿に映画観に行ってきた。寒くて死ぬぜ。

『ラブリーボーン』
 監督はピーター・ジャクソンで、スピルバーグがプロデュース。主演のシアーシャ・ローナンは初見だけど、最近観ない感じの純朴な美少女ってイメージでとても可愛いらしく、その脇をマーク・ウォルバーグにレイチェル・ワイズにスーザン・サランドンといった大物が固めている。

<あらすじ>
 死んだら驚いたけど最終的に諦めた。


 上記のような豪華スタッフである。そして、土曜日の新宿、折しもバレンタインデーの前日で映画館のロビーは大盛況である。にも関わらず、『ラブリーボーン』のシアターはヤスイとツレの二人だけという、ね。…
今まで客が少なくてガラガラだな~ってのは何度もあったけど、自分たち以外誰もいないという状況は初めてで、何というかこう、現世と隔絶された幽世に迷い込んでしまったかのような不思議な感覚に陥った。2時間上映して、収入がヤスイとツレの二人分…しめて3600円である。大丈夫か映画館。

 さて、肝心の作品の出来だけれど…これは、ものの見事に微妙と言わざるをえない内容でした。なんていうかな、もうちょっと味付けを変えれば美味しくなりそうな料理なんだけど、料理人が満面のドヤ顔なんで、まぁ…そうですか…と言わざるを得ない…というかね、とにかく観終わった後のモヤモヤ感は類を見ない。

 主人公の女の子が14歳の多感な時期…というのもあるだろうけど、とにかく、この14歳のヒロインが何をしたいのかサッパリわからない。殺人鬼に殺されて未練があるのか、現世と天国の狭間でフラフラしてるんだけど、自分を殺した殺人鬼に復讐したいのであればなにかしら行動を起こすべきだし、また家族に伝えたい事があるなら何とかして交信しようと試みたり、なんでもいいから観客が共感出来るような行動をしていただきたいのだけれど、どうにもこうにも行動に一貫性が無く、感情移入ができない。うーん、でも、14歳の女の子なんて総じてこんなモンなのかなぁ…と納得できる点もあるので、一概に否定もできない…というね、とにかくモヤモヤするんじゃい!
 一応、最終的にとある夢を成就させて、見事成仏(?)を果たすんだけど、そのラストも我々のようなすれた大人からすると、「え、そんなんでいいの!?」という納得のできない終わり方で、カタルシスなんてあったもんじゃない。
 ヒロインが迷い込む死後の世界の描写ってのも、今までに描き尽くされたようなありきたりな風景で、まるで面白味が無い。もっとピーター・ジャクソンでござい! …っていう、混沌としたファンタジー観を描いて欲しかったのに、期待外れもいいとこ。そう、この映画の最大のガッカリポイントはピージャクとスピルバーグが組んでこの程度かよ…という盛大な肩透かし感なんだよね。だって、ピージャクとスピルバーグですよ? そんなもん、ワクテカが止まらないじゃないですか。どんな壮大なスペクタクルを描いてくれるのかと期待するじゃないですか。まぁ、予告の時点でそういう作品じゃないってのは分かってたんですが…。まぁ、とにかくガッカリした。

 とまぁ、否定的な意見ばかりですが、14歳のヒロインを演じたシアーシャ・ローナンが非常に可愛らしく、化粧っ気の無い純朴な田舎の美少女…というイメージを見事に醸し出していて眼福でした。この娘は伸びる。
『ラヴリーボーン』☆☆


■土曜日、夜、小雨降る中、しなのゆらさんと水無月サトシさんにお呼ばれしまして、すき焼きパーリィにお邪魔させてもらいました。ほら、ヤスイって漫画描く知り合いが少ないので、仕事場を見学するなんて初めてなんで軽く緊張しました。…ていうか、他人のお宅にお邪魔するなんて数年ぶりなんですけどね…と、軽く悲しいことをつぶやいとく。…少し泣く。

 で、仕事場とか、アシスタントさんが作業されてるところを見学させていただいたんですけど、ほー、なるほどねー、と色々と勉強になりました。ていうか、作業場にパソコン5台くらいあんの。すげぇ。あと、大画面液晶テレビが2台あって、XBOX360を2台つないで『HALO3』の8人対戦とかできんの。あとお猫様が2匹もいらして、フワフワモフモフなの。なんだよこれ、夢の職場じゃないの。ウチとはエライ違いだなー。ウチもこんな環境なら仕事も楽しくなるのかしら…。
 うーん、やっぱりスタッフさんがいると賑やかで楽しそうでいいなぁ。和気藹々ってカンジで。ヤスイなんか、きったない部屋で独りでPCの前でシコシコやってるだけだから欝になるんだ。環境だな、環境。よーし、まずは友達作りだ! 思いついて5秒で挫折。完。

 あ、しなのさんにチョコいただいちゃったぜ。君たちは思いのままに歯ぎしりしたり地団駄踏んだりハンカチ噛み締めながら「きいっ」とか悔しがってもよろしくてよ?

■甥っ子の下ネタがとどまるところを知らない。下ネタ言うても、おちんちん~とかおっぱい~とか叫んだり、半ケツ出して走り回って喜んでるような可愛い程度なんですが。『クレしん』とか東京MXで再放送してる『おぼっちゃまくん』とかの影響ですが、まぁ、はたから見るとなんとも見事なバカな子供です。親からすれば眉をひそめそうなモンだけど、ヤスイ的には自分も通った道だし、微笑ましい限りです。
 こないだもね、夕食中に「牛乳ちょーだーい。おちんちん牛乳飲む!」とか言い出しまして、お母さん! この子のお母さんはいますか!? この子はちょっと、アレです。

■気づいたらバンクーバーオリンピック始まってた。ウインタースポーツあまり興味が無いので、男子フィギュアスケート以外はどうでもいいかなー。キャンデロロが好き。出ねぇよ。プルシェンコだけでも見よう。
 以前から思ってたんだけど、なんで雪合戦を公式競技にしないかね。ちゃんとした公式ルールに則って真面目に本格的にやればやる方も観る方も楽しいと思うんだけどなー、雪合戦。アメフトみたいに戦術とかフォーメーションを駆使して。
 あと格闘技系が欲しい。どこかの国に無いのだろうか、ウインター格闘技。氷上レスリングとか。あと球技。アイスホッケーは一応球技と言えるか。あとは雪原サッカーとか。ボール転がんねーの。雪玉を作って、どっちが本物のボールなんだ!? …みたいな。あとは寒中水球ね。全員クチビル紫色だ。男塾の愕怨祭みたいになってきた。あとめちゃイケのシンクロナイズドテイスティング。来るぜ…冬の嵐が…!

■あ、ついった経由でバレンタイン落書きを2枚ほど描いたので、こっちでもアップしときます。

http://twitpic.com/13629c
http://twitpic.com/136d2d

 ツイッターってやってみると楽しいですな
■暖房直ったー。メーカーの人が颯爽と現れて、ものの五分で直してくれました。なんや、室外機の部品がイカれてたらしく、そいつを交換して終了。そんな簡単に直るなら、部品と説明書だけ送ってくれればええんちゃうんとも思ったけど、とにかく直って良かった。あとは氷河期の訪れを待つだけです。室外機を修理して、試験運転で暖房の送風口から温風が出るのを確認する間、ちょうど暖房の真下辺りに置いてあったしぐにゃん先生絵の紙袋を、修理のお兄さんがじっと眺めてたのが印象的でした。

■なにやら雨が降って寒いので、早速暖房つけてみた。現在、室温22.9度。暑いって! 地球温暖化…ってやつか。

■今年の年始の頃だったか、去年の年の瀬だったか忘れたけど、どこぞの寺の生臭僧侶が万引きして捕まったとかなんとか、TVのニュースでやってた。その万引きした理由ってのが、「家出して金がなくなって云々」っていう、しょーもない事件で、全国ネットで流すようなニュースか? …などと思いつつ、何か妙に引っかかるというか、こう、突っ込みたいんだけど今ひとつ要を得たツッコミが出てこないというか何というか、とにかくモヤモヤした。
 で、さっきトイレに篭りながらマンガのプロットを捻ってた時に閃いたんですが、出家してるのに家出って! 出家してるのに家出って! 回文!? ちょ、坊主出て来い!!

■そういえば、ツイッターはじめました。というか、はじめたのはワリと以前なんだけど、なんだか要領をえないので、ほとんど何もせずほっぽらかしといたんですが、何もしないのに、なんや、お気に入りみたいなの? …に登録して下さる方がチラホラいらっしゃいますので、これからはちょくちょくなんやしら書き込んでいこうかと。
 まぁ、日記に書くほどでもない、チラシ裏にでも書いとけみたいなことはツイッターの方でやってこうかと。クロスボーンガンダム読みながら、キンケドゥなう、とか書いてけばええんでっしゃろ?
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[08/08 なすび]
[08/08 なすび]
[01/26 速射破壊銃]
[04/09 1ファン]
[03/14 いしかわ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ヤスイリオスケ
HP:
性別:
男性
職業:
エロマンガ家
趣味:
全裸
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]